新着記事
Google
 

2012年01月10日

音楽療法士

音楽は性別・年齢を問わず人々を笑顔にしてくれますよね。病院や福祉施設へ
ボランティアで演奏する人も多いですが、せっかくならきちんと理論を学び、
音楽療法を身につけて人のために活かしたいですね。
[PR]
「音楽療法士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJm1

公務員

親が子供に将来就きたい職業の1位は公務員。それだけ安定が求められている
証拠ですね。受験資格に年齢制限はありますが、まだ間に合うなら自らがチャ
レンジしてみませんか?
[PR]
「公務員」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmp
posted by Mark at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅地建物取引主任者

不動産売買や賃貸の仲介において不可欠な国家資格で、就職において武器にな
ります。誰でも受験できるので申し込みが多く、実際には受験しない人も少なく
ないのだとか。合格率は低めですがきちんと取り組めば狙える資格です!
[PR]
「宅建」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmg

posted by Mark at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 宅地建物取引主任者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィナンシャル プランナー

金融・保険業界での就職・転職に有利な資格。資産設計のスペシャリストです
から、実生活にも大いに役立ちます。受験に必要な資格は通信講座を修了すれ
ば得ることができるので安心です。
[PR]
「フィナンシャル プランナー」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmk

社会保険労務士

行政書士と同様に生涯有効で比較的リーズナブルに開業できる資格です。人事
や労務のプロとして会社でも役立ちます。短大卒と同等以上の学歴があれば受
験ができます。
[PR]
「社会保険 労務士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJm4
posted by Mark at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行政書士

許認可手続きのスペシャリストである行政書士は一度合格すれば生涯有効の資
格。リーズナブルに開業できる資格でもあります。難易度は高いですが、受験
資格がないので挑戦するチャンスはありますよ。
[PR]
「行政書士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmz
posted by Mark at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政書士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療事務

職場は全国にある病院。フルタイムでも短時間でも勤務あり。独身時代・結婚
後はフルタイム、出産後は短時間勤務に変更といった働き方が選びやすい職と
して女性に人気です。
[PR]
「医療 事務」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmE

資格をお金にかえる!

金をかけて資格をとるならば、その資格が新たなお金を運んできてくれるも
のがいいですよね。資格ポータルサイトではたくさんの資格が紹介されていま
す。お金にかえることをポイントにおいて資格をチェックしてみましょう。
[PR]
「通信 講座」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FJmf

posted by Mark at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | うんちく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

介護・保育・医療関係

ケアワーカーに関する資格の一つで、社会福祉士や精神保健福祉士と合わせ、
「三福祉士」とも呼ばれます。高齢化社会の進行、それに一人暮らしの老人が
増加するなど、今後もニーズが高まる資格と言えます。
[PR]
「介護 福祉士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIR

読者の皆さんの中にも該当する方がいるかもしれませんが、夫婦共働きの世帯
が増加したことで、待機児童が増えるという話題が数年にわたって報じられて
います。一方、保育士は不足しているのが現状で、活躍の場は多くあると言え
るでしょう。
[PR]
「保育士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIx

医療分野を支える業務で、「レセプト」とも言われる診療報酬証明の作成や請
求に加え、会計業務、受付業務、入院患者の診断内容やカルテ管理など、円滑
な診療には欠かすことができない役割を担っています。
[PR]
「医療 事務」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIa

法律関係

官公署に提出する書類の作成業務や手続き代理業務に加え、契約書などの代理
作成業務、相談業務が主なカバー範囲です。扱える種類は数千以上あると言わ
れ、独立にも向いた資格の1つです。
[PR]
「行政書士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXID

不動産の登記や商業登記はもちろん、簡易裁判所での訴訟代理や成年後見業務
といった分野に携わることができます。また、遺言や相続といった高齢化が進
む日本には欠かすことができない業務も急増しているそうです。
[PR]
「司法書士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIL

労働関係や社会保障の法令にもとづいた申請書や届出書などの書類作成代行な
どのほか、企業経営の上で労務管理や社会保険に関する相談受付、指導を行う
ための資格です。社労士とも呼ばれ、女性からの人気も集めています。
[PR]
「社会保険 労務士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIo

posted by Mark at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政書士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビジネスに役立つスキル

◇簿記
経理関係の仕事やスキルを身につけたいという場合には、簿記資格は欠かせま
せん。経理事務に必要な会計知識はもちろん、基礎的な経営管理や分析力も身
につけられ、コストを意識した仕事ができるようになることでしょう。
[PR]
「簿記」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXI2

◇税理士&フィナンシャルプランナー(FP)
簿記の資格を持っていて、さらなるステップアップを目指したい場合には税理
士やフィナンシャルプランナー(FP)の資格習得を目指すという手も。特に
税理士は将来的に独立も視野に入れられる資格と言えます。
[PR]
「税理士」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIC
「フィナンシャル プランナー」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIt

宅建との通称でも知られる、この資格。不動産の売買や賃貸の仲介などの仕事
に携わるには必須といって過言ではありません。直近の受験者数を見ても20
万人前後で推移しており、人気資格の1つと言えるでしょう。
[PR]
「宅建」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIV

posted by Mark at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パソコン関連の講座

いまや仕事では欠かすことができなくなったパソコンですが、実は基本操作だ
けで、詳しい使い方まで理解していない人も多いのではないでしょうか。特に
ビジネスに必須のExcel(エクセル)やWord(ワード)については、
しっかり時間をとって学習してみるのも良いかもしれませんね。
[PR]
「パソコン 教室」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIs
「エクセル 使い方」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXI6
「ワード 使い方」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIA

また、これまで得てきたパソコンの知識を一歩深め、Webデザイナーの知識
を獲得して、Web業界への転身を目指してみるのも良いでしょう。
[PR]
「web デザイナー」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIw

posted by Mark at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | iT・パソコン系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

語学に関する講座や習い事

もはや受けていて当たり前な試験の一つにもなった「TOEIC(R)」。昇
進時の基準に課している企業はもちろん、最近では新卒採用で730点以上の
取得を義務付ける企業も話題になりました。
[PR]
「toeic」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIf

もちろん、TOEIC(R)でそれなりのスコアを取得しても、誰もが英語を
使いこなせるわけではありません。特にビジネス面で活かしたい場合には英会
話やビジネス英語力の向上にも力を入れていきましょう。
[PR]
「英会話」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIE
「マンツーマン 英会話」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIz
「ビジネス 英語」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXI4

先日、中国の国内総生産(GDP)規模が日本を抜いて世界第2位になったと
報じられたように、英語以外の言語も今後ますます重視されていくことは間違
いありません。世界で活躍する企業が多い韓国語なども学習の対象に入れても
良いでしょう。
[PR]
「中国語」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIk
「韓国語」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIg
「フランス語」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXIp

また、時間がある場合には、語学に関わらず思い切って留学することも検討し
てみては。現地でのコミュニケーションを通じて、一歩踏み込んだ語学力が身
につけられるかもしれません。
[PR]
「語学 留学」で検索 ⇒ http://a.mag2.jp/FXI1

posted by Mark at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学・留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。